東京都剣道連盟居合道部会 千代田 ・神田支部

居合 神田塾

 
 

夢想神伝流は、大正時代に無双神伝英信流と無双直伝英信流を学んだ   中山博道  なかやまはくどう1872 ~ 1958 )が、独自の工夫を加えて伝えた居合の流派です

明治時代末期、高知県に英信流という県外

不出の居合が伝わっていると聞いた中山博

道は、門外不出の掟に阻まれながらも、旧

土佐藩藩士の政治家、板垣退助の口利きで、

細川義昌に無双神伝英信流(英信流下村派)

を、森本兎久身に無双直伝英信流(英信流谷村派)を学び、大正11年(1922年)、細川義昌から無双神伝  英信流の免許を授かりました 伝英信流(英信流谷村派)を学び、大正11年(1922年)、細川義昌から無双神伝  英信流の免許を授かりました 


中山博道が夢想神伝流を最初に名乗ったのは昭和8年(1933年)の京都武徳祭大演武会ですが、当時「長谷川英信流」、「無想神伝流」、「大森流」とも名乗っており、統一されていませんでした 夢想神伝流という流名は、中山博道の没後、弟子たちが呼称を統一したものです

古い伝書には「神傳流極秘」(文政十年)、「長谷川居合傳書」(文政十二年)、「長谷川流傳書」(天保七年)、「夢想神傳流哥之巻」(天保十二年)などの記述があり、既に江戸時代から様々な呼称・表記が並存していたことがうかがえます 


第二次大戦後、夢想神伝流は全日本剣道連盟居合の成立に強い影響を与え、無双直伝英信流と共に現代居合道の母体となりました 現在は居合道界で最多の門人を擁しています 


初伝 大森流(正坐の部)

元は大森六郎左衛門の流でありますが、林六太夫守政の計らいにより取り入れられました。大森流が「袈裟の一太刀」の精神に則っていること、時代を考慮に入れて正坐を用い、初心者に覚えやすいことがその理由です 


一本目 初発刀(前)

二本目 左刀(右)

三本目 右刀(左)

四本目 当刀(後)

五本目 陰陽進退(八重垣)

六本目 流刀(受流し)

七本目 順刀(介錯)

八本目 逆刀(附込)

九本目 勢中刀(月影)

十本目 虎乱刀(追風)

十一本目 逆手陰陽進退(脛囲)

十二本目 抜刀(抜打)


中伝 長谷川英信流(立膝の部)

本来、林崎甚助重信から伝わる本重信流と言うべきものですが、後世の長谷川英信が優れた達人であったため、長谷川英信流と称されるに至りました 


一本目 横雲

二本目 虎一足

三本目 稲妻

四本目 浮雲

五本目 山颪

六本目 岩浪

七本目 鱗返

八本目 浪返

九本目 滝落

十本目 抜打

奥居合 居業

一本目 向払(霞)

二本目 柄留(脛囲)

三本目 向詰

四本目 両詰(一)戸脇(二)戸詰

五本目 三角

六本目 四角(四方斬)

七本目 棚下

八本目 虎走

九本目 暇乞(1)

十本目 暇乞(2)

十一本目 暇乞(3)

※ 業(技)の本数および並び順については、師伝により異なるものがあります  


奥居合 立業

一本目 人中(壁添)

二本目 行連

三本目 連達

四本目 行違

五本目 夜の敵(信夫)

六本目 五方斬(惣捲)

七本目 放打(総留)

八本目 賢の事(袖摺返)

九本目 隠れ捨(門入)

十本目 受流

※ 業(技)の本数および並び順については、師伝により異なるものがあります   



敬称を略させていただきました



武士道とともにあらんことを

May the Bushido be with you.


入会、見学、お問い合わせは

居合  神田塾

info@iai-kanda.jp



リンク

居合塾 のホームページ

平成居合塾

http://www.iaijyuku.jp




Copyright © 2019 Reiwa iai kandajyuku All rights reserved.


 

夢想神伝流居合道

むそうしんでんりゅういあいどう